スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中のマーチ

真夜中のマーチ真夜中のマーチ
(2003/10/03)
奥田 英朗

商品詳細を見る



クロチェを黒木メイサで映像化されないかな?
イメージぴったりでした
スポンサーサイト

家日和

家日和家日和
(2007/04/05)
奥田 英朗

商品詳細を見る



短編集
どれも面白かったけど
一番最後のが好み
著者自身のお話かな?

どこから行っても遠い町

どこから行っても遠い町 (新潮文庫)どこから行っても遠い町 (新潮文庫)
(2011/08/28)
川上 弘美

商品詳細を見る




『おれは生きてきたというそのことだけで、つねに事を決めてきたのだ。』

最近ようやくそのことに気が付きました
“選択した”と、思うような時より
選んだことに気が付かないような選択の時の方が
らしさが出るような気がして
選らんだことに気が付かないような選択の日々の積み重ねが
その人を形成するような気がして
だから
日々を大切に生活していこうと思います

僕とおじいちゃんと魔法の塔

僕とおじいちゃんと魔法の塔(1) (角川文庫)僕とおじいちゃんと魔法の塔(1) (角川文庫)
(2010/01/23)
香月 日輪

商品詳細を見る



待ち時間潰しにちょうど良かった

角川文庫から出ていますが
児童書です
大人のわたし←^^;には、読み応えが足りませんでした

オリンピックの身代金

オリンピックの身代金(上) (角川文庫)オリンピックの身代金(上) (角川文庫)
(2011/09/23)
奥田 英朗

商品詳細を見る


オリンピックの身代金(下) (角川文庫)オリンピックの身代金(下) (角川文庫)
(2011/09/23)
奥田 英朗

商品詳細を見る




国男~~~
と、思って読み続けました

日本って、貧しい国だったんだな
と、改めて思いました

貧しくって、敗戦国であることを
どうにかして乗り越えたくて
欧米諸国に肩を並べたくて
必死だったのかもしれません

嫌いだった外灯やガードレールなどの
センスもまとまりもない公共物が
愛おしく思えてきました
プロフィール

Author:miniko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。