スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悼む人

悼む人悼む人
(2008/11/27)
天童 荒太

商品詳細を見る



誰に愛され
誰を愛し
どんなことをして、人に感謝されたか


死んだ後
わたしはどんなふうに話されるのかな?

誰に愛されたかばかりを気にしている気がする

この本を読んだ今
たくさんの人を豊かに愛する人生を送りたいと思った

スポンサーサイト

ミーナの行進

ミーナの行進ミーナの行進
(2006/04/22)
小川 洋子

商品詳細を見る



良かった
こんなお話を欲していたの

穏やかで、静かで、暖かで
でも、なぜか“きゅっ”と、なるお話でした

優しい気持ちになって
誰か傍にいて欲しくなって
明日に前向きになれました

用もないのに

用もないのに用もないのに
(2009/05)
奥田 英朗

商品詳細を見る



エッセイでした

野球とか、興味のないお話が多かったからかな?
そんなに面白くなかった


売れっ子作家さんとは
まぁ、こんなに出版社さん持ちで
色んなところに行かせてもらえるのですねぇ
しかも、超ゴージャス!


そんだけ、出版社に貢献しているっていうことですねぇ
すごいや

12カ月の寄せ植えレシピ

12ヶ月の寄せ植えレシピ12ヶ月の寄せ植えレシピ
(2011/09/06)
黒田健太郎

商品詳細を見る



寄せ植えも、装丁もとってもお洒落な本です
オールカラーなのも嬉しい

わたしは寄せ植えはまったく作らないのですが
黒田健太郎さんのブログを見ていて
草花の色合わせが好きで
花壇の植栽の参考になれば。。。
と、思って購入しました


想像どおり素敵な色合わせの寄せ植え
寄せ植えの器もカッコイイし
どのページもうっとりです

ただ、あくまでも寄せ植えのレシピなので
地植えに同じことをすると、えらいことになりそうです

GREEN LIFETIME BOOK

GREEN LIFETIME BOOK 関西版―緑と一緒に暮らすための (えるまがMOOK)GREEN LIFETIME BOOK 関西版―緑と一緒に暮らすための (えるまがMOOK)
(2011/05/20)
京阪神エルマガジン社

商品詳細を見る



関西の情報誌で有名な『Meets』を発行している
京阪神エルマガジンが出した
関西の園芸店を紹介した雑誌です

Meets色が出ていて
園芸雑誌とは一味違ったオシャレな感じ
とっても良い本です

園芸誌はたくさんあって
その中で園芸店を紹介されていますが
ほとんど全てが関東のお店
いつも残念な思いをしていました
地方の園芸誌がもっと出たらいいのに、、、
と、思います



桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ桐島、部活やめるってよ
(2010/02/05)
朝井 リョウ

商品詳細を見る



あまりに酷評されているから
期待せず読んだせいかな?
思ったほど悪くはありませんでした

題名から勝手に
部活をやめようとする桐島君を
みんなで留める青春活劇
みたいなのを期待していたのですが
そんな話ではありませんでした
なので
読み始めは「ん???」ってなったけど;;;


ただ、高校生みんなが
そんなに見てくれだけで
人をランク付けしているのかな?
まぁそこが不快には思ったけれど
伝えようとしたことは解ったし、共感もできました


朝井リョウさんのこの本はアマゾンで評価が悪かったけれど
『チア男子』は、好評だったので
読んでみようと思います

架空の球を追う

架空の球を追う (文春文庫)架空の球を追う (文春文庫)
(2011/08/04)
森 絵都

商品詳細を見る



大好きな作家さんなので
期待して読みました

が、、、

あまりにもお話が短い!

学問

学問学問
(2009/06/30)
山田 詠美

商品詳細を見る



数年前、『yom yom』で
瀬戸内寂聴さんが
老いで目が見えなくなるのもしょうがないと思っていたけど
こんな素晴らしい作品が読めなくなってしまうと思うと
惜しくなる
と、いうような書評を書かれていて
ずっと読みたかった


う~ん
わたしには難しかった
わかりにくかった

復活の日

三谷幸喜のありふれた生活8 復活の日三谷幸喜のありふれた生活8 復活の日
(2009/12/18)
三谷 幸喜

商品詳細を見る



おもしろかったです

復活の日とは、
三谷幸喜さんが昔やっていた劇団の復活


うん
三谷幸喜さんって、オッカナイ人だったんだな
劇団の人、いっぱい怒られたって座談会で言ってました

でも、何かを成し遂げようとすると
厳しくなくっちゃいけない時もあって
それが三谷幸喜さんにも、あるんだなぁ



ニサッタ、ニサッタ

ニサッタ、ニサッタニサッタ、ニサッタ
(2009/10/21)
乃南 アサ

商品詳細を見る




なんだか苦い気持ちになるのに
読むのをやめられない

でも、良い作品でした


なんだか将来のことを考えると
とてつもなく不安になる時もあるのですが
今日できることを
丁寧に頑張っていこうと

最近忘れかけていたことを
思い出しました

ザ・マジックイヤー

三谷幸喜のありふれた生活7 ザ・マジックイヤー三谷幸喜のありふれた生活7 ザ・マジックイヤー
(2009/03/06)
三谷 幸喜

商品詳細を見る




三谷幸喜さんが好きです

劇はまだ見たことがないのですが
このシリーズを読む度に見に行きたいなぁ
と、強く思います

仕事への、喜劇への情熱を感じつつ
ぷっと吹いちゃう
とても良質なエッセイでした


余談ではありますが
離婚されたのは残念です

この本が出版された時はまだご一緒だったので
小林聡美さんも登場されるのが
なんとも、うん。。。。

仏果を得ず

仏果を得ず (双葉文庫)仏果を得ず (双葉文庫)
(2011/07/14)
三浦 しをん

商品詳細を見る



早く文庫にならないかなぁ。。。
と、心待ちにしていた作品^^

『平成大家族』と同じで
お腹が痛くて寝ながら読んだので
あんまり記憶に残ってない;;;

三浦しをんさんの作品の登場人物は
いったん読み始めると
考える間ももなくそこに表れて
いきいきと活動するのが魅力的だな

青春、、、?
ちょっと年を取ってるか、、、
仕事にかける情熱っていうのかな?
ま、そういうものを扱った作品という意味では
『神去なあなあ日常』と、似た作品でした

『神去…』の帯で
宮崎駿さんが
“この小説を作品にしたい  云々・・・”
と、書いていらっしゃって
それなら、『コクリコ坂…』じゃなくって
しをんさんのここら辺の小説で
作ってくれたら良かったのに~
と、勝手なことを思ったりして^^;



人形浄瑠璃を見てみたいなぁ
と、思ったので
今度NHKでやっていたら
チャンネルを飛ばさず見てみようと思います

平成大家族

平成大家族 (集英社文庫)平成大家族 (集英社文庫)
(2010/09/17)
中島 京子

商品詳細を見る




つぐみさんのブログで見て気になっていた作品

夏風邪をひいたのか
お腹の具合が悪い時に
横になりながら読んだので
面白かったのですが
印象が残らなかった;;;

あぁ、でも、、、
最後の章でお父さんがハタと気が付いたように

いまどきの大家族って
一つ屋根の下に住んでいても
それぞれにそれぞれの生活があって
わかっているようでわかっていないのかもなぁ。。。
でも、なんだかんだで
見えている部分も見えていない部分も
全部ひっくるめて
家族だから容認できるのかも。。。。

んんっ?
見えていない部分も容認しているのは
大家族でなくっても一緒か^^

でも、
大家族は見えていない部分が
見えていない部分が普通の家族より多い分
信用に頼る分
絆が強い気もする。。。

『細雪』を思い出して
もう一度読んだら
昔の大家族と、今の大家族の違いみたいなのがあって
面白いかも?
とも思いました


ココ・マッカリーナのしみこむしみこむえほん (主婦の友生活シリーズ)ココ・マッカリーナのしみこむしみこむえほん (主婦の友生活シリーズ)
(2005/09)
中島 京子

商品詳細を見る



この本は、ずっと前に購入した本
棚にあったこの本も中島京子さんのだった

『なかじまきょうこ』
で、読みが合っているのか
ウィキペディアで確認していて見つけたの

さらっと眺めただけだったのですが
エッセイ部分を、しっかり読んでみようと思います^^
プロフィール

miniko

Author:miniko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。